「韓国強制併合100年」共同行動7・8月企画

「韓国強制併合100年」共同行動、日本・韓国における企画の案内
by nikkan2010
以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

強制併合100 年韓日市民大会日程

2010.8.22-8.29「日韓共同市民宣言」大会への参加を! 




T03-3363-7561 F03-3363-6309


強制併合100 年韓日市民大会の日程およびプログラム

画像はクリックをすれば大きくなります。
d0183632_2257176.jpg

韓国実作成の大型ポスター
d0183632_230458.jpg

日本語字幕版も完成した宣伝映像の冒頭の一こま。長いバージョンは
2001年ダーバン宣言をもとにした映像が前半です。




植民地主義の清算と東アジアの平和共存のための韓日市民の連帯の場!

強制併合100年 韓日市民大会
2010.8.22(日)~29(日)

場所 東京 豊島公会堂(8.22)
   ソウル 成均館大学校600周年記念館、東星高等学校、西大門刑務所歴史館、貞洞、南山等(8.27~29)
主催 強制併合100年共同行動韓日実行委員会
主管 強制併合100年共同行動韓国実行委員会/強制併合100年共同行動日本実行委員会/その他実行委所属団体
後援 東北アジア歴史財団


強制併合100年、韓日市民がひとつの場に集まります
2010年は、強制併合100年にあたる年です。日本帝国主義は1910年8月22日、大韓帝国を併合する条約を不法に締結し、8月29日これを公布することで強制的に植民地にしました。
強制併合100年を迎え、その歴史的な意味を定立し、これまで団体または問題別に分散して進められてきたすべての韓日の過去清算の課題を根本的に解決するため、韓日の市民団体が今年1月と3月に強制併合100年共同行動日本実行委員会と韓国実行委員会をそれぞれ結成しました(7月30日現在、韓日117の市民団体が参加)。

強制併合100年共同行動韓日実行委員会は、「植民地主義の終息を通じた東アジアの平和実現」という大原則の下に、過去清算の意義と解決課題を設定し、それを根本的に解決するための実践プログラム(Action Plan)等を作成し、8月22日~29日までを強制併合100年韓日市民連帯期間として設け、韓国と日本で各種の共同プログラムと地域行事を開催します。特に、8月22日の韓日市民大会・開幕式(東京)と29日の閉幕式(ソウル)では、韓日市民共同宣言文を発表します。
市民の皆様のたくさんのご参加をお願いいたします。



8月
4日(水) 正しい歴史と平和統一祈願全国マラソン(~15日まで)
      ・全国主要都市
5日(木) 韓国実行委 代表者会議
7日(土) 国恥100年歴史現場紀行① ・貞洞、南山
12日(木) 韓日市民大会ソウル記者会見
      ・西大門刑務所歴史館
      強制併合100年特別展示会(~9月30日まで)
      ・西大門刑務所歴史館
14日(土) 国恥100年歴史現場紀行②
      ・貞洞、南山、西大門刑務所歴史館
      日本平和通信使歓迎 巡礼および韓日市民の平和キャンプ(~29日まで)
      ・全国主要都市
21日(土) 韓日市民大会 東京記者会見
      ・東京
      国恥100年歴史現場紀行③
      ・貞洞、南山、西大門刑務所歴史館
22日(日) 韓日市民共同宣言日本大会(韓日市民大会開幕式)
      ・東京豊島公会堂
25日(水) 日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ
      ・日本大使館前
27日(金) 国際学術大会(1日目)
      ・成均館大学600周年記念館新千年(セチョンニョン)ホール
      文化行事(1)
      混声合唱組曲「悪魔の飽食」
      ・成均館大学600周年記念館新千年(セチョンニョン)ホール
      韓日実行委員会 晩餐
      ・成均館大学儒林会館
28日(土) 国際学術大会(二日目)
      ・成均館大学600周年記念館新千年(セチョンニョン)ホール
      領域別フォーラム(3セッション)
      ・成均館大学600周年記念館セミナー室
      文化行事(2)
      真実と未来のための韓・日市民の合唱
      ・ 成均館大学600周年記念館 新千年(セチョンニョン)ホール
29日(日) 国恥日行事「国恥100年の記憶」
      ・南山
      韓日市民共同宣言 韓国大会(韓日市民大会 閉幕式)
      ・成均館大学600周年記念館 新千年(セチョンニョン)ホール
      韓日交流の夜
      ・成均館大学儒林会館
■日程やプログラムの詳細は、事情により変更される可能性があります。


強制併合100年 韓日市民大会 プログラム概要

主要行事
韓日市民共同宣言 日本大会(開幕式)8.22(日) 13:30-17:30日本東京豊島公会堂
国際学術大会「韓日の過去清算と東アジアの平和」8.27(金)-28(土) 9:30-18:00成均館大学600周年記念館
新千年ホール
韓日市民共同宣言韓国大会(閉幕式)8.29(日) 14:00-17:00成均館大学600周年記念館新千年ホール

領域別フォーラム
真実と未来のための韓日青年学生フォーラム8.28(土) 10:00-18:00成均館大学600周年記念館講義室(1605号)
韓日市民フォーラム「東アジアの平和と市民自治」8.28(土) 15:00-18:00成均館大学600周年記念館講義室
民族運動団体フォーラム「韓国独立運動が東アジアに及ぼした影響」 8.28(土) 14:00-16:00成均館大学 講義室

関連行事

国恥100年歴史現場紀行8.7, 14, 21(土) 10:00-17:0010:00-12:30 Aコース 貞洞、Bコース 西大門刑務所歴史館
※7日はBコースなし。
強制併合100年特別展示会「巨大な監獄 植民地に生きる」8.12(木)-9.30(木) 10:00-18:00西大門刑務所歴史館
日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ
「強制併合100年、植民地を越えて被害者たちの正義の実現のために!」8.25(水) 12:00日本大使館前
文化行事(1) 混声合唱組曲「悪魔の飽食」8.27(金) 18:00-19:00成均館大学600周年記念館 新千年ホール
韓日実行委員会晩餐8.27(金) 19:00-21:30成均館大学儒林会館
文化行事(2) 真実と未来のための韓・日市民の合唱「平和、その日が来れば!」8.28(土) 19:30-21:30成均館大学600周年記念館 新千年ホール
国恥日行事「強制併合条約締結地の標石除幕式」8.29(日) 11:00-12:00南山
韓日市民交流の夜8.29(日) 19:00-22:00成均館大学儒林会館

地域・海外行事
国恥100年の記憶のための白凡遺跡地の巡礼 1,470km自転車一周7.14(水)-27(火)全国主要都市(1,470km区間)
正しい歴史と平和統一祈願 全国マラソン8.4(水)-15(日)全国15主要都市
日本平和通信使歓迎の巡礼および韓日市民平和キャンプ8.14(土)-29(日)全国主要都市(栄洞、南西、内陸の3コース)
地域別国恥日行事8.19(木)-29(日)全北(8.19-29)、光州(8.28)、釜山(8.29)
(海外)日帝強制併合100年を迎えるサハリン朝鮮人の大衆集会8.29(日)サハリン州ユジノサハリンスク市


国際学術大会「韓日の過去清算と東アジアの平和」
強制併合100年を迎え、日本の朝鮮植民地化の過程とその被害事例、そして日本の反人道的な犯罪行為に対する総体的な実態を究明し、それを清算するための法的・実践的な努力の現住所を把握することで、自己省察の機会をつくる。ひいては、韓日両国の市民社会が過去を記憶する方法とそのイデオロギーを総体的に検証する。また、それを通じて植民地と戦争の無い東アジアの平和体制を建設することのできる方途を模索する学術的な論議の場を提供する。

日時 2010年8月27日(金)~28日(土) 9:30~18:00
場所 成均館大学校600周年記念館新千年ホール
27(金)28(土)
午前挨拶李長熙(平和統一市民連帯代表)
鄭在貞(東北アジア歴史財団理事長)
林京錫(成均館大東アジア歴史研究所長)第3部
清算司会:河棕文(韓神大学校)
●植民地認識:植民地近代化論と収奪論を越えて
発表:イ・スンリョル(歴史問題研究所)
討論:板垣竜太(同志社大学)
●歴史教育:韓日教科書論争
発表:イ・シンチョル(アジア平和と歴史研究所)
討論:俵義文(子どもと教科書全国ネット21)
●日本の帝国主義―植民地認識
発表:波平恒男(琉球大学)
討論:権赫泰(聖公会大学校)
●討論
基調講演●近代100年の中の強制併合の意味
姜万吉(高麗大学校名誉教授)
荒井信一(茨城大学名誉教授)
第1部
被害司会:董宣熺(韓国学中央研究院)
●植民地主義と虐殺
発表:金承台(韓国民族運動史学会)
討論:李一滿(東京朝鮮人強制連行真相調査団)
●植民地主義とディアスポラ
宋連玉(青山学院大学)
討論:姜秀玉
●宗教・文化分野の植民性問題
発表:チャン・サン(韓国歴史研究会)
討論:三ッ井崇(東京大学)
午後第2部
清算司会:ユン・キョンウォン(戦争と女性人権センター)
●「慰安婦」問題の完全な解決のために
発表:金富子(東京外国語大学)
討論:イ・ナヨン(中央大学校)
●強制動員と靖国神社問題
発表:ナム・サング(東北アジア歴史財団)
討論:オ・イルファン(韓日民族問題学界)
●植民地主義と領土問題
発表:辛珠柏(韓国近現代史学界)
討論:Yang Daqing(ジョージ・ワシントン大学校)
●過去清算訴訟の現状と意義
発表:イ・サンフン(民主社会のための弁護士会過去清算委員会)
討論:大口昭彦(在韓軍人軍属裁判を支援する会)第4部
平和司会:李泳采(恵泉女学園大学)
●韓日協定体制と朝日修交問題
発表:金昌禄(慶北大学校)
討論:太田修(同志社大学)
●韓国の過去清算運動の流れと東アジアの平和
発表:金東椿(聖公会大学校)
討論:庵逧由香(立命館大学)
●日本の過去清算運動の流れと東アジアの平和
発表:内海愛子(早稲田大学大学院)
討論:キム・ミンチョル(太平洋戦争被害者補償推進協議会)
総合討論司会:ユン・キョンウォン(戦争と女性人権センター)
指定パネル:ペ・ドッコ(KIN)、キム・ジョング(独島守護隊)、チョン・ジョンソク(1923韓日在日市民連帯)、イ・ソンスン(韓国挺身隊研究所)総合討論
未来司会:鄭根埴(ソウル大学校)
指定パネル:イ・ガンシル(韓国進歩連帯)、鈴木裕子(日韓の女性と歴史を考える会)
討論:チョン・ジェジョン(東北アジア歴史財団)、内海愛子(早稲田大学大学院)、徐仲錫(成均館大学校)、チョ・グァン(高麗大学校)、矢野秀喜(強制連行企業責任追及裁判全国ネットワーク)、キム・サンギ(韓国独立運動史研究所)
※討論者は、事情によって多少変更される可能性があります。

韓日市民大会
韓日両国の市民(団体)が、植民地支配と民族抑圧、そして戦争の無い未来社会へと歩むための東アジア市民の共同実践事項に合意し、市民宣言文を共同で採択、発表し、それを基に過去清算のための国際連帯運動を一段階前進させようとする。
8月22日には、日本東京で開幕式を、8月29日には閉幕式を行い、さまざまな意義深い市民参加プログラムと文化行事も執り行う。

1.韓日市民共同宣言日本大会(韓日市民大会開幕式)
主題 「韓国強制併合100年」(朝鮮)植民地支配を清算し、平和と強制のアジアを!
主催 強制併合100年共同行動韓日実行委員会
主管 強制併合100年共同行動日本実行委員会
日時 2010.8.22(土) 14:00-17:00
場所 日本東京豊島公会堂

プログラム
風物牌の公演
映像でみる韓国強制併合100年
基調講演
●実行委員会
「韓国強制併合100年:東アジア平和と希望をひらくために提起されている問題」
宋連玉(青山学院大学教授)
庵逧由香(立命館大学准教授)
「清算されない植民地支配:被害当事者の証言」
●日本軍「慰安婦」 ●強制動員被害
●サハリン残留者  ●関東大震災朝鮮人虐殺
●(在日)差別    ●朝日国交正常化
文化公演
●歌:沢知恵
「日韓市民宣言行動計画の発表―採択」

2.韓日市民共同宣言韓国大会(韓日市民大会閉幕式)
日時 2010.8.29(日) 14:00-17:00
場所 成均館大学校600周年記念館新千年ホール
主催 強制併合100年共同行動韓日実行委員会
主管 強制併合100年共同行動韓国実行委員会

プログラム
(第1部)事前行事
●大会映像の上映
●四物ノリ:聖フランシス大学風物牌(トゥドゥリム)
●祝賀公演:歌の会(日本実行委員会)
(第2部)本行事
●開会の辞
●追悼儀礼
●決意声明文・宣言文経過報告
●来賓紹介
●連帯の辞
●激励の辞
●故福留範昭先生への感謝盃贈呈
(第3部)韓日市民共同宣言の宣布式
●韓日青年学生共同決議声明文の朗読
●韓日市民共同宣言の朗読
●韓日市民合唱:歌声「埼玉」合唱団、平和の樹
(第4部)閉幕式
●閉幕宣言

領域別フォーラム(市民参加プログラム)
1.真実と未来のための韓日青年学生フォーラム
日時 2010年8月28日(土) 10:00-18:00
場所 成均館大学校600周年記念館 講義室(1605号)
主催 強制併合100年共同行動韓日実行委員会
主管 韓国青年学生フォーラム委員会、日本実行委員会青年学生委員会
プログラム
(第1部 学術研究発表)
在日同胞の民族教育について  金光敏(コリアNGOセンター)
在日青年の活動事例  康利行(在日コリアン青年連合(KEY))
アジア主義批判論   山本興正(東京大学大学院総合文化研究科博士課程)
(第2部 歴史体験報告および自由討論)
1.映像音楽ドキュメンタリー
祥明大学校靖国風刺芸術団
2.日本の人権運動の現状について
部落解放同盟奈良県連合会
3.日本紀行の体験発表
大学希望
4.歴史体験の発表―慰安婦問題
 Ⅰ飛(ソウルイェール女子高歴史サークル)
(全体自由討論)

2.韓日市民フォーラム「東アジアの平和と市民自治」
主題 地域の市民ネットワークを通じた東アジアの平和の実現方案
日時 2010年8月28日(土) 15:00-18:00
場所 成均館大学校 講義室
主催 強制併合100年共同行動韓日実行委員会
主管 韓日100年平和市民ネットワーク/「韓国併合」100年市民ネットワーク/京畿市民社会フォーラム

プログラム
(第1部 発表)
1.東アジアの平和のための地域の市民運動の課題
イ・ギホ(韓神大)/ソン・ヒョクチェ(京畿大)
2.地域の市民運動のグローバル・ネットワーク方案
川本幸立(千葉県議員)
(第2部 討論)
1.上原公子(前国立市長)
2.桔川純子(日本希望製作所事務局長)
3.チョン・ヘソン(成均館大人文科学研究所 研究員)


強制併合100年共同行動韓・日実行委員会
2010年強制併合100年を迎え、その歴史的な意味を定立し、これまで団体またはアジェンダ(課題)別に個別的に分散して進められてきた韓日過去事の清算課題を根本的に解決するため、韓日の市民団体が共同行動機構を結成する必要性が提起され、2010年1月および3月、強制併合100年共同行動日本実行委員会と韓国実行委員会をそれぞれ結成し、強制併合100年共同行動事業を推進する。

参加団体
(韓国)キョレハナテギ運動連合、コインドルサラン会、古朝鮮歴史文化財団、古朝鮮遺跡踏査会、関東大震災朝鮮人虐殺真相糾明と名誉回復のための韓日在日市民連帯、光復会、国学運動市民連合、基督教長老会生命宣教連帯、ナヌムの家、明日をひらく歴史財団、丹斎申采浩先生記念事業会、大韓民国臨時政府記念事業会、大韓民国臨時政府史跡地研究会、独島守護隊、独島郷友会、独立有功者遺族会、東北亜共同体研究会、東アジア葛藤解決国際連帯、東アジア歴史市民ネットワーク、東アジア平和のための世界NGO歴史フォーラム、東岩車利錫先生記念事業会、東学農民革命遺族会、東学民族統一会、米州同胞市民社会団体協議会、民族問題研究所、民族問題研究所光州支部、民族民主烈士追慕(記念)団体連帯会議、民族正気具現会、民族会議、民主軍人会、民主社会のための弁護士会過去清算委員会、密陽独立運動史研究会、正しい歴史正義連帯、溥齋李相卨先生記念事業会、四溟堂記念事業会、聖フランシス大学風物団(トゥドゥリム)、世界人権宣教会、シベリア朔風会、アジア平和文化交流協会、アジア平和の歴史教育連帯、アジアンブリッジ、アヒムナ運動本部、安重根義士記念事業会、靖国反対共同行動韓国委員会、麗川洪範図将軍記念事業会、歴史問題研究所、ウリマダン統一文化研究所、雲巖金星淑先生記念事業会、日本軍「慰安婦」ハルモニと共にする馬山昌原鎮海市民の会、日本軍「慰安婦」ハルモニと共にする統営巨済市民の会、林鍾国先生記念事業会、全国歴史教師の会、挺身隊問題対策釜山協議会、挺身隊ハルモニと共にする市民の会、政治発展統合連帯、親日残滓清算全北市民連帯、太平洋戦争被害者補償推進協議会、コリアグローブ、平和の樹合唱団、平和在郷軍人会、平和統一市民連帯、フォーラム「真実と正義」、韓国教員総連合会、韓国近現代史学会、韓国YMCA全国連盟、韓国原爆被害者協会、韓国挺身隊問題対策協議会、韓国挺身隊研究所、韓国進歩連帯、韓国青年学生フォーラム委員会、韓民族史パロチャッキ運動本部、韓民族生活文化研究会、韓日民族問題学会、韓民族運動団体連合会、韓日100年平和市民ネットワーク、孝昌園を愛する人々、興士団、興士団民族統一運動本部、AsiaPeaceBuilders、KIN(以上、80団体)。

(日本)強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム、強制連行・企業責任追及裁判全国ネットワーク、関東大震災朝鮮人虐殺真相究明と名誉回復のための韓日在日市民連帯、歌の会、ノー・ハプサ(合祀)、東京朝鮮人強制連行真相調査団、民族問題研究所東京支会、部落解放同盟奈良県連合会、あびこ平和ネット、アジェンダ・プロジェクト、「悪魔の飽食」を歌う合唱団全国連絡会議、うたごえ「埼玉合唱団」、「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク、日本カトリック正義と平和協議会、日本基督教協議会靖国神社問題委員会、日本バプテスト連盟靖国神社問題特別委員会、日本製鉄元徴用工裁判を支援する会、日本青年学生実行委員会(なあがら)、日韓会談文書全面公開を求める会、 日韓民衆連帯全国ネットワーク、日韓の女性と歴史を考える会、在日大韓基督教会関東地方会社会部、コリアNGOセンター、在日コリアン青年連合、在日韓国民主統一連合、在韓軍人軍属裁判を支援する会、第2次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会、調布ムルレの会、女たちの戦争と平和人権基金、平和を実現するキリスト者ネット、ピースボート、「韓国併合」100年市民ネットワーク、「韓国併合」100年真の和解・平和・友好を求める2010年運動、憲法9条―世界へ未来へ連絡会、憲法を活かす会関東連絡会、憲法を活かす会栃木、VAWW-NETジャパン(以上、37団体)。

主な行事会場へのアクセス
(地図)
問い合わせ・韓国実行委員会事務局 Tel 02-969-0226, 02-312-6118 E-mail kangje100@gmail.com 

Homepage

***************
[PR]

by nikkan2010 | 2010-08-06 14:17
<< 植民地主義の淸算と平和実現のた... 7.24ワークショップ二日目「... >>